PMSが原因で鬱病になってしまうこともある

実はPMSが原因で鬱になることはありますが、それは精神疾患である鬱病とは違います。
よく混同されがちですが似ているだけで別物ですので、心療内科や精神科を受診して鬱病の薬を服用してもPMSの根本的解決にはなりません。
原因は女性ホルモンによるものですので、サプリをうまく取り入れて鬱にならないようにしていくことがPMSと長く付き合っていくコツです。

ただし、酷いPMSによって日常生活に支障が出てしまうことで、PMSが原因の鬱ではなく本当の鬱病になってしまう場合もあります。
一人で悩まずにサプリを服用したり、婦人科を受診するなどしてPMSに振り回されないように自助努力をすることも大切です。

ホルモンバランスを整えることがPMS改善には一番です。
理想としては、適度な運動やストレス発散、食生活の改善などが挙げられますが、忙しい毎日の中で全てをこなすのは難しいでしょう。
PMSは女性なら多かれ少なかれなってしまうものです。
特にストレス社会といわれる現在は避けて通れないものでしょう。

そもそも女性はひと月に4回ほどホルモンバランスが変化します。
PMSになってしまうのも仕方がないことです。
PMS改善サプリは補助的な役割としては最適です。
病院で処方される薬のように即効的な効果を求めるのではなく、自分の心身のバランスを整え、なるべくPMSを軽くしていくことを目標にした方が鬱になってしまわずにすみます。

なお、漢方やサプリを飲んだからといって何もしないままでしたらいつまで経ってもPMSは治りません。
完治させたいなら生活習慣を改善し、女性ホルモンの変化に負けない頑丈な体を作ることが大切です。

ちなみにサプリや漢方は人によって相性があります。
効果がすぐ出る人もいれば、ひと月以上経ってようやく効果を感じられる人もいますし、どれだけ飲んでもプラセボ効果でしかない人もいます。
何をしても鬱になってしまう人は婦人科に相談することをおすすめします。

PMSによる鬱はサプリを飲んで落ち着かせる

PMSは女性ホルモンの働きが原因なので、気の持ちようで解決するものではありません。
ですので女性なら上手に付き合っていくしか方法はありません。
あくまで鬱になる原因はPMSによるものなので、精神安定剤等を服用するよりもサプリを使って落ち着かせる方が生活にも支障が出ないのでおすすめです。

病院で処方される薬ですと、効果はてきめんですがその分副作用も強いです。
また心療内科に通院したり精神安定剤を服用すると生命保険に入りにくくなるリスクも生じます。
幸いにもPMS改善用のサプリは市販でも取り扱われています。
有名どころですとDHCのサプリや女性のミカタなどがあります。
同じ通院でも漢方の服用ですと副作用も少なくすみますので、自分に体質にあったものを試していくようにしましょう。

なお、サプリにも種類があり、例えば女性のミカタですと身体を改善させるか、心身を落ち着かせるかで服用すべきものが変わってきます。
PMSによる鬱は心身を落ち着かせる方を選んだ方がより効果的でしょう。
サプリも漢方も、西洋医学の薬とは違い自然素材で出来ています。
その分効き目が穏やかで副作用も少なく安心できますが、効果を感じられるのが遅い場合もあります。
即効性が無いからといってすぐに止めてしまわず様子を見ながら飲むようにしましょう。

DHCや女性のミカタなどの市販サプリは保険適用になりませんが、漢方ですと病院によっては保険が適用になる場合もあります。
PMSによる鬱が酷い場合は婦人科を受診して、漢方について相談した方がいいかもしれません。

サプリや漢方で女性ホルモンや自律神経のバランスを整えることでPMSは改善されます。
日常生活に支障が出ないよう取り入れていくのがいいでしょう。